Makashov のすべての投稿

同時廃止事件と管財事件

債務整理を利用しようというのはお金を持ち合わせていない人ですから、支払いにつきましては、分割払いも受けてくれるところが大概です。「支払いが困難で借金問題が何一つ進展しない」ということはないわけです。

債務整理というのは、借金解決したいと思っている方に直ちに実施してほしい手段です。なぜおすすめするのかと言うと、債権者に受任通知が届けられると、返済から解放されるからです。

過払い金に関しましては時効というものがある為、その件数は2017年以降激減すると噂されています。心当たりのある方は、弁護士事務所に足を運んで念入りに調べて貰った方がいいと思います。

債務整理は自力でも成し遂げることが可能ですが、一般的には弁護士に委託する借金解決方法だと言えます。債務整理が認識されるようになったのは、弁護士の広告規制が取り払われたことが影響していると言えます。

債務整理と申しますのは、弁護士などに任せて、ローンで借りた借入金残高の圧縮折衝をする等の手続きのことを指して言うわけです。一例を挙げれば、債務者に積立預金をさせるというのだって圧縮に役立ちます。

自己破産については、同時廃止事件と管財事件に二分されます。申立人に現金はもちろん、有価証券などの財産が無いという場合は同時廃止事件、一定の財産があるという場合は管財事件として区分けされます。
結納金 払えない

債務整理を招く要因の1つにクレジットカードの存在があると言えます。殊の外安易に考えがちなのは、カードキャッシングをリボ払いという形で使用することで、これは疑う余地なく多重債務を招く原因となってしまうのです。

債務整理は、1980年代における消費者金融などからの借金整理に、2000年くらいから行なわれるようになったやり方で、国も新たな制度の制定などでフォローをしたという経緯があります。個人再生はその中の1つになるわけです。

自己破産または債務整理が承諾されない原因の1つがクレジットカード現金化です。クレジットカード現金化経験者は、このところは債務整理が認められない可能性が高いようです。

弁護士に借金の相談をした後に気掛かりになるのは、債務整理の進め方だと考えます。例を挙げれば、自己破産は書類作成が面倒ですが、任意整理を選ぶ時は楽に終了すると聞いています。

過払い金と称されるのは、消費者金融等に納め過ぎた利息のことです。古い時代の借入金の金利は出資法で定められた上限を適用していましたが、利息制限法では法律違反になり、過払いという概念ができたわけです。

債務整理につきましては、おおよそ弁護士などの法律に長けた人に委託します。言うまでもなく、弁護士だったら誰でも問題なし等といったことは断じてなく、借金問題に通じている弁護士を選択することが肝要でしょう。

「債務整理するようなことだけは絶対嫌」と言うのであれば、クレジットカードの返済につきましては何があっても一括払いにすることが必須です。そうすれば何の得にもならない金利を納めなくても大丈夫なわけですし、借金も作ることがありません。

カード依存も、やっぱり債務整理へと発展する原因となることを覚えておきましょう。クレジットカードについては、一回払いで使っている分には問題ないのですが、リボルビング払いにすると多重債務に嵌る原因になると言って間違いありません。

個人再生に関しましても、債務整理をやる時は、金利差がどのくらい出るかを確かめます。ただし、グレーゾーン金利がなくなってからは金利差がないことが多い為、借金解決は簡単ではなくなってきました。

債務整理を行うと

債務整理と申しますのは、減額を容認してもらったうえで借金返済を進める方法のことを指します。とは言っても、近年の貸出金利に関しては法定金利内に収まっていることがほとんどで、昔みたいな減額効果は得られないことが多いとのことです。

債務整理とは、借金問題の解決方法だと言えます。債務整理を行うと、キャッシングはできなくなるというわけですが、苦労していた返済地獄からは解き放たれます。

近頃は債務整理をしたところで、グレーゾーン金利が当然だった時節のような際立つ金利差は望めません。過去の自分を反省し、借金問題の解消に力を入れて下さい。

20年程前までは、債務整理を実行するとなっても自己破産の道しかなく、消費者金融への返済ができなくなったことが誘因で自殺者が急増するなど、重大な社会問題にもなりました。本当に現在では想像できないことです。

弁護士に借金の相談をした人が心配になるのは、債務整理の仕方だと思います。事例で言うと、自己破産をするケースだと申請書類等の作成に時間が掛かりますが、任意整理をする場合は時間を掛けずに終わるらしいです。

自己破産に関して言いますと、管財事件もしくは同時廃止事件に区分されることになります。申立人に現金にできるような財産が無いという場合は同時廃止事件、それ相応の財産がある場合は管財事件扱いとされます。
墓じまい 費用 払えない

債務整理では、折衝を通じてローン残債の減額を目論みます。一つの例として、父母などの援助によりまとめて借金返済ができるという場合は、減額も認めさせ易いと言えます。

債務整理と言いますのは、借金解決の為の一手段になります。独りでは何もできない場合は、その道の人に仲裁してもらって解決するわけですが、このところは弁護士に託すことが多いようです。

自己破産した後は、免責が決定するまでの期間は宅地建物取引士や弁護士など規定の職に就くことができません。しかし免責が下りると、職業の制約はなくなります。

個人再生を進める中で、金利の見直しを実行して借金を縮減します。ですが、債務がこの何年かのものは金利差がありませんので、それ以外の減額方法を上手に利用しないとだめだと言えます。

債務整理というのは、弁護士に委託して進めるローンの減額交渉のことであり、古い時代は利子の見直しのみで減額することも不可能ではなかったのです。近頃は多角的に交渉しなければ減額は望めません。

「借金は自分がしたことだから」ということで、債務整理は絶対に避けたいと言われる方もいることと思われます。だけど一昔前と異なって、借金返済は厳しくなってきているというのも事実だと知っておいてください。

債務整理といいますのは借金返済を無理なく進めるための減額交渉の1つで、もしもこれから先返済が無理になったというような場合は、弁護士に相談してください。絶対に明るい未来がイメージできるはずです。

過払い金と言われているのは、消費者金融等に法定以上に支払わされたお金のことです。以前の借金の金利は出資法で決められた上限を適用するのが常識となっていましたが、利息制限法で見ると違法となることから、過払いと称される概念が生まれたのです。

借金の相談は早いに越したことはないですが、お金が掛かることでもありますから何やかや頭を悩ませるでしょう。そのようなときは、諸々の事案を広く受けられる弁護士のほうが、結論から言ってお得です。

貸金業者からダイレクトメール

債務整理をしたせいでキャッシングが不可能になることは、むろん不安に駆られると思います。でも大丈夫です。キャッシングが不可能だとしても、まったくもって困らないということがわかるでしょう。

債務整理をすることになると、官報に氏名などの個人データが開示されるので、貸金業者からダイレクトメールが届くことがあります。しかし、キャッシングにつきましては留意しないと、想定外の罠にまた騙されてしまうでしょう。闇金取り立て

本人は自己破産しようが、知っておいてほしいのは自己破産手続きを終了した人の保証人は、債権者から返済追求されるということです。それがありますから、自己破産を検討している人は、事前に保証人に状況を伝える時間を取ることが大切です。

債務整理はローンの返済が滞ってしまった場合に行なわれるのが一般的です。しかしながら、現在の金利はグレーゾーンのものはほぼ皆無なので、金利の差で生じる優位性が享受しにくくなったというのが正直なところです。

債務整理をするしかなかったという人の共通点と言いますと、「クレジットカードを何枚も持っている」ということです。クレジットカードは使い勝手の良い決済手段だと言えるでしょうけれど、上手に活用している人はそんなに多くはないと思われます。

債務整理に関しましては、資金繰りに窮してしまい、ローン返済などに資金を回せなくなったといったどうしようもない状況時に利用するというものでした。今の時代の債務整理は、褒められるようなことではないですが、ますます身近なものになってきたように思います。

任意整理を行なう場合は、概して弁護士が債務者から一任されて話し合いの場に出席します。ですから、一度のみ打ち合わせに出れば交渉に参加する必要もなく、日中の仕事にも支障をきたすことはないはずです。

過払い金で意識することは、払い戻してもらうべきお金があるのなら、速やかに返還請求のための第一歩を踏み出すということです。そのわけは、中小業者に過払い金が存在しているとしても、払い戻されないことが多々あるからです。

債務整理というのは、借金解決したいという時に直ぐに行なってほしい方法です。どうしておすすめするのかと言いますと、債権者に受任通知が届くと、返済から解放されるからです。

「どんだけしんどくても債務整理をするようなことはしない」という強い意志をお持ちの方もいるはずです。だけれど、どうにか借金返済を終えられる方は、総じて高年収の方ばかりです。

個人再生が何かと聞かれれば、債務を大きく少なくできる債務整理のことで、マイホームを売却せずに債務整理をすることが可能だというところが良さだと言っていいでしょう。このことを「住宅資金貸付債権に関する特則」と言うのです。

自己破産は、免責の対象項目として借金の弁済から放免されるのです。ただ現実的には、免責を受け容れてもらえない事例も見られ、カードによる現金化も免責不承認要因の1つです。

何やかやと頭を抱えることも多い借金の相談ですが、自分自身では解決は望めないと言われるのであれば、少しでも早く弁護士を始めとした法律のエキスパートに相談することを推奨します。

借金の相談は早くした方が良いですが、費用のこともあるので、ああだこうだと頭を悩ませるかもしれません。そうした場合は、色々な案件を多面的に引き受け可能な弁護士のほうが、確実に安上がりだと断言します。

借金で困った場合は、債務整理を選択することをおすすめします。債務整理に入ると、早速受任通知という封書が弁護士より債権者宛てに送られ、借金返済は暫定的に中断されます。

肌荒れをブロックする

はっきり申し上げて生じてしまった眉間のしわを除去するのは至難の業です。表情から来るしわは、日頃の癖で刻まれるものなので、何気ない仕草を見直すことが大事です。

10~20代の頃は皮膚の新陳代謝が活発ですから、日焼けしたとしても短期間で通常状態に戻りますが、年齢が高くなりますと日焼け跡がそのままシミになって残ってしまいます。

肌の腫れや発疹、ニキビ、黒ずみ、シミ、くすみなど、多くの肌トラブルの要因は生活習慣にあると言えます。肌荒れをブロックするためにも、健康に配慮した日々を送ることが必要です。

「念入りにスキンケアをしているにもかかわらず肌荒れに見舞われる」という方は、日頃の食生活に問題があると考えるべきです。美肌に結び付く食生活を心がけましょう。
旬美シャンプー 販売店

「ニキビが背中や顔に何度も生じる」とおっしゃる方は、使っているボディソープがフィットしていない可能性があります。ボディソープとボディー洗浄方法を再考しましょう。

皮脂が余分に分泌されていることのみがニキビを生じさせる原因ではないのです。慢性化したストレス、休息不足、欧米化した食事など、生活スタイルが酷い場合もニキビに繋がることが多いのです。

日頃の身体の洗浄に必ず必要なボディソープは、低刺激なものをセレクトしてください。泡をたくさん立ててから撫でるみたく力を入れないで洗うことが大事です。

「毛穴の黒ずみが気になる」という状態にあるなら、スキンケアの進め方を勘違いして覚えている可能性があります。ちゃんとお手入れしているとしたら、毛穴が黒くブツブツになることはないためです。

ニキビや乾燥など、大方の肌トラブルは生活サイクルを見直すことで修復可能ですが、並外れて肌荒れが拡大しているといった人は、病院やクリニックを訪れましょう。

抜けるような美しい肌は女の子であれば誰しも理想とするのではないかと思います。美白用コスメとUV対策の二重作戦で、年齢に屈しない理想的な肌を作り上げましょう。

肌の状態を整えるスキンケアは美容の基盤を作るためのもので、「どれだけ顔立ちが美しくても」、「スタイルが抜群でも」、「ファッショナブルな洋服を着用していても」、肌が劣化していると素敵には見えません。

日々ニキビ肌で苦悩しているなら、食事内容の改善や良質な睡眠といった生活習慣の見直しを中心に、長期的に対策を実施しなければいけないのです。

敏感肌が影響して肌荒れが見られると信じて疑わない人が多いみたいですが、実際のところは腸内環境が変調を来していることが原因かもしれないのです。腸内フローラを適正にして、肌荒れをなくしましょう。

しわを防止したいなら、皮膚のハリを保ち続けるために、コラーゲン満載の食事を摂取するようにいろいろ考案したり、表情筋をパワーアップするトレーニングなどを取り入れることが必要です。

洗顔と言いますのは、一般的に朝と晩の合計2回行なうと思います。頻繁に実施することですので、デタラメな洗浄方法をとっていると肌に大きなダメージをもたらすおそれがあり、後悔することになるかもしれないのです。

自己破産に関連した免責不許可事由

債務整理というのは弁護士に頼む借金減額の為の協議を指し、2000年に始まった弁護士のCM自由化とも繋がっています。2000年と申しますと、依然として消費者金融が勢い付いていた時代です。

債務整理を実行すると、当面の間はキャッシングが禁止になります。けれども、闇金業者等からダイレクトメールが送られてくることもあるようなので、新しい借金をすることがない様に注意することが必要です。

任意整理は裁判所を介さずに実施可能ですし、整理を望む債権者も自由に選ぶことができます。とは言うものの強制力があまりなく、債権者に反対されるケースもあります。

借金の額が多いと、返済することばかり考えて、借金以外のことに意識が向けられなくなります。直ぐに債務整理する決意をして、借金問題を済ませてほしいですね。
競艇 ボロ負け

「借金の相談を誰にしたらよいか」で思い悩む方もたくさんいると思います。そのワケは、借金の相談結果はほとんど弁護士等の技量により決まるからなのです。

過去に高い利息で借金をしたことがあるという人は、債務整理をする前に過払いがあるか否か弁護士に確認してもらうべきではないでしょうか?借金返済が終わっていれば、着手金0円で引き受けてくれると聞いています。

個人再生についてご説明しますと、債務の合算金額が5000万以下という前提で、3年~5年の再生計画を打ち立てて返済するというわけです。真面目に計画通りに返済すると、返済しきれていない借金が免除してもらえるというわけです。

自己破産すると、免責が決定するまでの間、弁護士とか宅地建物取引士など一部の職に就けないことになっています。ただ免責が確定すると、職業の規定は取り除かれることになります。

個人再生は裁判所を介するため、債務整理の方法につきましてはそれなりの強制力が伴うものだと思ってください。他方個人再生したいという方にも、「安定・継続した給与がある」ということが必要とされます。

自己破産に関連した免責不許可事由に、ギャンブルや浪費などが理由の資産の減少が入るようです。自己破産の免責要件は、一層厳正さを増してきています。

借金が高額になると、どうやって返済資金を調達するかということに、日々頭は満杯状態だと思います。ちょっとでも早く債務整理により借金問題を克服してほしいと思っています。

任意整理を進める時に、過払いがないようだと減額は簡単ではないのが通例ですが、話し合いの場を設けることで好条件を引っぱり出すことも可能なのです。更に債務者が積み立てなどをすると貸主側からの信頼を増すことに繋がりますので、是非お勧めです。

今となっては債務整理を行なったところで、グレーゾーン金利があった頃みたいな著しい金利差はないと考えた方が良いでしょう。自分自身の人生をやり直すつもりで、借金問題の解決に全力であたってほしいですね。

債務整理というのは借金問題をなくす為の1つの方法です。しかしながら、昨今の金利は法律で決められた金利内に収まっているものが大概なので、高い額の過払い金は期待できません。

債務整理というのは借金解決に必要な方法ということになりますが、減額交渉につきましては信頼できる弁護士が必要不可欠です。とどの詰まり、債務整理が成功するかどうかは弁護士の経験と腕に影響されるということです。

資金的な事情で借金した女

自己破産に関しては、免責という形で借金の弁済を免除してもらえるというわけです。しかしながら、免責が容認されない事例も見受けられ、クレジットカードによる現金化も免責不承認理由の1つです。

ああでもないこうでもないと困惑することも多い借金の相談ですが、あなた一人では解決は望めないと判断したのなら、出来るだけ早く弁護士を筆頭とする法律の専門家に相談することをおすすめします。

債務整理をしたいと考えるのはお金を持っていない方になりますので、料金に関しては、分割払いも受けてくれるところが大部分です。「資金的な事情で借金問題を解消することができない」ということはないと言えます。
どこからも借りれない 最終手段

個人再生でも、債務整理を活用するという場合は、金利差がどの程度あるかを確かめます。だけど、グレーゾーン金利が違法とされてからは金利差がなくなったため、借金解決は簡単ではなくなってきました。

債務整理へと進んでしまう原因の一つにクレジットカードの存在があるのです。最も注意いただきたいのは、カードキャッシングをリボルビング払いによって使用することで、これは必ずや多重債務に結び付きます。

債務整理はローンの返済をする余裕がなくなった際に頼れるものでした。だけれど、近頃の金利はグレーゾーンのものはほとんどないので、金利差で生じる恩恵が得られにくくなったというわけです。

今日日は債務整理をしても、グレーゾーン金利が当然だった時節のような明確な金利差は見られません。これまでの暮らしぶりを反省し、借金問題の解決に全力で当たるべきです。

「債務整理する羽目にはなりたくない」と考えるなら、クレジットカードの返済につきましては必ず1回払いを選んでください。それさえ守るようにすれば高くつく金利を納めなくていいわけですし、借金も作らないということです。

債務整理に関しましては、資金繰りに行き詰り、ローン返済などができなくなった時に実施するものだったのです。今の債務整理は、理由はともかく、以前より抵抗感の無いものに変わっています。

任意整理につきましても、金利の再チェックがメインとなりますが、これ以外にも減額方法はあります。よく使われる手としては、一括返済をすることで返済期間を短縮して減額を納得させるなどです。

借金の相談をしに行くなら法律事務所の方が良いのは、弁護士が「受任通知」を債権者全員に送付してくれるからなのです。その通知により、所定の期間返済義務から解き放たれます。

過払い金と申しますのは、消費者金融みたいな貸金業者に必要以上に支払わされたお金のことで、既に支払い済みの方も10年以内なら返還請求を行なえることになっています。過払い金返還請求というのはあなた自身でも可能ではありますが、弁護士に頼むのが通例です。

債務整理というのは、借金解決の為に一刻も早く取り組んでほしい手段なのです。なぜおすすめするのかと言うと、債権者側に受任通知が届くと、返済から解放されるからです。

借金でにっちもさっちも行かなくなった場合は、債務整理を急いだほうが賢明です。債務整理に着手すると、即座に受任通知なるものが弁護士より債権者宛てに送られ、借金返済は暫くストップします。

再生手続をしたいと希望しても、個人再生に関しましては裁判所が再生計画にゴーサインを出すことが必須です。これが大変で、個人再生の申請を躊躇する人が多々あるそうです。

借入金の縮減協議

債務整理は行なわないという考えの人ももちろんいらっしゃいます。こうした方は他のキャッシングでその場しのぎをすると言われます。ただ、そういうのは給料が高い人に限られることのようです。

債務整理は弁護士などに頼んで、ローンなどの借入金の縮減協議をするなどの一連の過程のことを指して言います。一例を挙げれば、債務者に積立をさせるのも縮減に繋がるのです。

「借金は自分自身で行なったものだから」ということで、債務整理を申請するようなことはしないと考えている方もいるでしょう。けれど以前と違って、借金返済は難しくなってきているのも事実ではあります。

債務整理というのは、ローンの返済に苦しんでいるときに実施されるものでした。とは言うものの、今日日の金利はグレーゾーンではなくなってしまったので、金利の差で発生するアドバンテージが得づらくなりました。

任意整理は債務整理のうちの1つの手法であり、司法書士または弁護士が債務者に代わって債権者と相談し、借金の減額をすることを言います。なお、任意整理は裁判所の力を借りずに実施します。

債務整理の理由にクレジットカードの存在があるとされています。とりわけ気を付けたいのは、カードキャッシングをリボルビング払いという払い方で使用することで、これは大概多重債務に繋がります。

債務整理の中の1つの方法として任意整理がありますが、任意整理に関しては、債権者すべてと折衝することは要されません。どういうことかと言えば任意整理を行なう際は、債務減額について話す相手を考えた通りに選定できるのです。

債務整理しかないかなと思ったとしても、残念ながらクレジットカードの現金化の経験があると、クレジットカードを発行する会社が「No!」を出すケースがあります。従いまして、現金化だけは控えたほうが良いでしょう。

債務整理が注目される前まで、個人の借金整理というのは自己破産がメインだったわけです。過払い金の存在に注目が集まり、消費者金融からお金が戻ってくるようになったのは、ちょっと前からのことなのです。

自己破産と同時に、自分名義の住まいであったり自家用車は、強制的に差し押さえられてしまいます。それが実態ではありますが、借家だという方は自己破産をした後も居住している場所を変えなくてもいいので、暮らしぶりはあまり変わらないと言えます。

自分が自己破産したとしても、問題なのは自己破産手続きを済ませた人の保証人は、債権者から返済の追求を引き続き受けるということです。そういう背景があるので、自己破産しかないと考えている人は、優先的に保証人と話す時間を確保することが非常に大切になってきます。
示談金払えない

弁護士に借金の相談を持ち掛けたという方が心配になるのは、債務整理の進め方ではないでしょうか?具体的には、自己破産を選ぶ時は書類作成が面倒ですが、任意整理の場合はごく短時間で終了するらしいです。

「債務整理などして人に迷惑を掛けたくない」と思うなら、クレジットカードの返済は100パーセント一括払いにするようにしてください。これだったら高い金利を支払わなくていいし、借金も作りません。

今となっては債務整理をしたところで、グレーゾーン金利が通用していた時期みたいな顕著な金利差は見られません。自分自身を見つめ直し、借金問題の解決に全精力を注ぐべきでしょう。

債務整理が身近になったことはとても良いことだと思います。ですが、ローンのおっかなさが知れ渡る前に、債務整理が注目されるようになったのは皮肉な話です。

リボ払いをチョイスする

時効に関しては10年なのですが、全て返済し終わっても過払い金がある場合は、今すぐ弁護士に相談すべきでしょう。全額払い戻してもらうというのはできないとしても、少額でも手に入ればありがたいものです。

カード依存も、多分に債務整理へと進展する要因だと考えられます。クレジットカードについては、一括払いだけという形で用いているという場合は何ら問題ありませんが、リボ払いをチョイスすると多重債務に直結する原因になるので気を付けなければいけません。

債務整理の内の一種として任意整理がありますが、任意整理に関しましては、全債権者と別々に協議の場を持つということはありません。なんと任意整理を行なう時は、債務減額についてネゴシエーションする相手を自由に選択できることになっています。

「借金の相談に乗ってもらう先をどこにするか」で困惑する方も少なくないと思います。と言うのも、借金の相談結果は概ね弁護士等の能力に影響されるからなのです。

弁護士に借金の相談すると言うのであれば、少しでも早く動くようにしてください。何故ならば、しばらく前まで行なわれていた「返す為に借金する」ということが、総量規制により不可能になるからなのです。

債務整理を嫌う人もいるにはいます。そういう方は別のキャッシングで緊急対応するとのことです。確かにできなくないとは思いますが、それは結局のところ高年収の方に限定されるとのことです。

「借金は自分自身で判断して行ったものだから」ということで、債務整理を利用しないと心に誓っている方もいるはずです。とは言うものの従来と異なり、借金返済は容易いものではなくなってきているのも事実ではあります。

借金の相談をしたいのなら法律事務所の方が良いという理由は、弁護士が受任通知を債権者宛に送り込んでくれるからなのです。そのお陰で、暫定的に返済義務がストップします。

21世紀に入った頃に、著名な消費者金融では期日に遅れず真面目に返済していた方に、過払い金を全て戻すようにしていたこともあったと聞きます。遅れることなく返済することの重要さを痛感します。
給料日前 金欠

任意整理と申しますのは債務整理のうちの1つの手法であり、司法書士であるとか弁護士が申立人に成り代わって債権者と交渉の場を設け、借金の減額をすることを言います。因みに、任意整理は裁判所の力を借りずに行なわれるのが通例です。

債務整理と申しますのは、借金解決手段のひとつになります。自分だけでは何ともしがたいと言われるなら、他の人の力を借り解決しますが、このところは弁護士に委任することが多いようです。

債務整理を依頼すると、一定の期間キャッシングすることができません。だけど、闇金融の業者などからDMが届くこともありますから、新規で借金を作らぬよう心掛ける必要があります。

個人再生では、金利の引き直しを実施して借金を減少させます。ただし、借り入れがそれほど昔でない場合は金利差が発生しないため、他の減額方法を総合的にミックスしなければ無理だと言えます。

債務整理というのは、弁護士などに頼んで、ローンで借りた借金の残債の削減協議をする等の手続きのことを指して言うわけです。例を挙げてみますと、債務者に積立をさせる等も縮減に寄与するはずです。

過払い金返還請求に関しては時効が設定されていますので、その件数は平成29年から30年ごろに低減すると聞いています。気に掛かるという方は、弁護士事務所等に電話してしっかりと確認してもらいましょう。